先輩インタビュー1

#

将来は社長になることを目指したい。
そんな夢を本気で
考えることができる会社です。

第1営業部 営業1課
三輪田 将平
QUESTION01

仕事で心がけていることは

初めて取引をさせていただくお客様の場合は、工場を訪問して製造工程を見学させてもらって、実際に作業されている方と話をしながら問題点を抽出し、それを解消する商品や技術は何かを導くという進め方にこだわっています。また、他社にはない技術力という点では、素材であったり、加工方法であったり、技術をもった仕入先様とつながりがあるため、どんな発想でも実現可能というバックボーンを活かすことを念頭に置いています。その上で、ただ売ればいいというのではなくて、品質に重きを置いて提案しています。
また、当社では一定の営業経験年数を積むと、包装管理士という資格取得の支援があります。昨年、この資格を取得し、名刺にも資格名が記載されるようになり、それを目にしたお客様から「包装管理士って何?」と興味本位に話しかけていただくことも多くなっています。そこから「じゃあ相談に乗ってよ」という流れになることも少なくありません。こうした資格取得によって、プロとしての自覚が深まり、より品質の高い商品・技術を提供しなければいけないと考えています。

QUESTION02

将来の夢は

将来は、経営的な視点で、会社全体を動かす役割を担ってみたい。その究極の目標は、社長になることです。
私の描く社長像は、ただ上から指示を出したり、方針を決めたりするだけではなく、ある程度、実務のことにも精通していて「現地現物主義」であることが前提です。経営の上層部になるほど実践から外れ、社員に指示することが多いと思いますが、責任を持って最後まで現場の面倒を見られるような、そんな経営者になれたらいいなと勝手に考えています。
現社長も営業としてビジネスの第一線で活躍した実績があり、自分にとってはお手本そのものです。これから、現社長の背中を追いかけるため、まずは現場での信頼を高めていきたいと思っています。

ある一日の流れ
08:45
出社
09:00
メール確認
上長、アシスタントへ報告&相談
10:00
顧客A社を訪問
⇒電子部品の荷姿仕様の打合せ
12:00
昼休み
13:00
顧客B社を訪問
⇒メーカー様と同行にて設備仕様の打合せ
14:30
顧客C社を訪問
⇒機能性材料の供給開始日程の打合せ
16:00
社内にてメーカー様と新商品の仕様打合せ
17:00
見積書・資料作成等のデスクワーク
18:30
退社

仕事内容

私の所属する第1営業部は、自動車関連企業をはじめ、食品メーカー、流通企業、通信関連企業など多方面に及ぶお客様に対し、物流資材や物流機器、倉庫で使われるラックなどのストレージ、さらには荷役・包装・保管などの機能を集約したマテリアルハンドリング機器などの提案を行っています。
お客様からは「重労働のため作業の負担軽減をしたい」といったように、わりと漠然としたご要望も多いのですが、具体的に商品を指定されるより、ニーズだけ聞かせていただくだけのほうがやりがいを感じ、自分の力が発揮できると思っています。

オフの過ごし方

#

自動車が好きなので、レース観戦に行ったり、気になる新型車が発表されるとすぐに実車をチェックしに行きます。また、食べることも大好きなため、ドライブを兼ねて気になるお店で食事をするのが楽しみです。